2015年10月30日

散財を防止できない帽子

こんにちは。

朝と夜は普通に寒いですね。
冬がすぐそこに。
冬といえばクリスマス!お正月!バレンタイン!


・・・いいえ、違います。


セールと16SS立ち上がりです。
当然です。
上に挙げたようなものを真っ先に連想した人は、今すぐファリエロ・サルティのストールで首を吊りましょうね。

さてさて、ちょこちょこ買いの報告です。
というか、このブログは買ったものの報告くらいしかしません。
今回も、そしてこれからも、ずーっと自己満です。







IMG_20151001_001711.jpg
KIJIMA TAKAYUKI "ADJUSTER HAT"

ハットが欲しかったのです。

で、色々探してみようと思ったのですが、結局キジマさんに落ち着きました。
安定のキジマです。

生地はウールですが、フランネルのような柔らかでハリのある生地感。

ハットなら何でもよかったわけではありません。
長めのブリムであること、そして、やや高めのクラウン高。

何と言ってもブリムの長さ。
秋冬コーディネート全体の雰囲気を向上させてくれるのです。

それを満たしてくれたのが、このキジマさんでした。
2万円弱くらいというコスパも相まって、良い買い物と言えるでしょう。




DSC_0045.JPG
背面に装着されたレザーベルト。

ある程度のサイズ調整も出来る仕様になっております。




KIJIMA TAKAYUKIは1995年、木島隆幸と木島道子によって設立された帽子の専門ブランド。
2013年にメンズラインが独立し、キジマタカユキが始まります。

コンセプトは、”シンプルな装いの中にも存在感のある、トータルコーディネイトで生きる帽子”
皇室やコムデギャルソン、ヨ−ジヤマモトなどの帽子を製作しているそうで、最近はTAKAHIROMIYASHITA theSoloIst.のハットも製作してますね (完全なるソロイストプライス!舐めてます)

”初めて帽子を被る人や、気恥ずかしいと思う人でも抵抗の無いようにしたい。帽子を被ったことのない人に良いものを提供する”というのもコンセプトに掲げているそうで、アイテム自体はとてもシンプルなデザインです。
あからさまに「カッコいい!!」でもなく、さりげなく「あ、良いね」っていうクリエイションなのです。

シンプルだけど、拘るところはしっかり拘っていて、帽子工場ではなくウェアの工場で製作してたり。縫製技術が圧倒的に良いのだとか。
”他のアイテムはずっと進化してるんだから、帽子だって・・・”という気持ちから、このようなクリエイションに至っているという話を聞きました。

うむ・・・この話だけでも良い・・・(笑)




KIJIMA TAKAYUKIのハットだったら、ラビットファーを使ったやつが本当は欲しかったんです。
触感も凄くいいし、生地もしっかりしているし。
ただ、今回は金欠ゆえに断念してしまったのです。でもいずれは手に入れたいところです。

職人によって一つ一つ丁寧に作られていくハット。
やっぱり持っておきたいものですよ、これは。


それでは皆様、よい金欠を!!



人気ブログランキングへ
ランキング参加してます。よろしければワンクリックを。

シャチハタ ネーム6 XL600868 木島 【インク色:朱】 1本 -
シャチハタ ネーム6 XL600868 木島 【インク色:朱】 1本 -
posted by ボン at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | Accesary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

亀は万年、金欠も万年

こんにちは。

特に何か変わったイベントが起きることのない10月。
何事も無く過ぎ去っていきます。
気付いたら2016年になってるんでしょうねぇ・・・


そんな気分が沈む季節ですが、しっかりと冬支度はしております。
感傷に押し潰されることもなく、ちゃっかり服だけは確保しております(笑)






DSC_0039.JPG
Honor gathering "soft merino wool yarn super turtle"

「またオナーかよ!!」

まぁまぁ、いいじゃないですか。仕方ないんですよ。
金欠の私にとっちゃ、生命線なんですよ。コスパ的に。

これは14AWのニットです。

前回記事で書いたコートを買いに行ったところ・・・


私「いやね、ニット探してるんですよ」

「あぁ〜、じゃあ今季のニット、いいじゃないですか!!」

私「いやぁ、ホワイトが欲しいんですよね。去年買っておくべきだったなぁ」

「ありますよ?」



え・・・?ありますよ・・・?
冗談はよしなさいよ。
「オリックスに来年イチローが戻ってきますよ」と言ってるようなもんですよ。



「去年のやつ、置いてますよ・・・?」



ほんまや・・・。イチローが戻ってきとるやないか・・・。

置いてあったんです、イチローが。
いや、去年のニットが。

嘘やろ・・・

今季は無印良品でホワイトのニット買うかな〜とか思ってたんです。妥協というか、まぁそんなにお金も使えないし。
これがまさかまさかの15AWシーズンでの再会ですから。
まさに神の悪戯ですよ。あるいは、神の息吹か、微笑か。



ホワイトカラーのニット、クリーンな印象でいいですよね。万能カラー。
本当はモックネックが欲しかったんですが、贅沢は言ってられません。
去年リリース時に買っておかなかった方が悪いんですからね。

実は私、タートルネックって好きじゃないんですよ。
首回りが窮屈に感じますし。
ただ、このニットは上質なメリノウールを使用。チクチクしない!!
柔らかいし、軽さもあって、そこらのニットとはやっぱり違うなぁ、と。
デザインはシンプルで、どこにでもありそうに思えますが、着心地の良さは素晴らしいです。これならタートルネックでもストレスなく着れる気がします。

首元に適度にボリュームも出て、脇役ながらも、キラリと光る存在感。
まさか手に入るとは・・・!
嬉しい誤算です。無印で先走らなくてよかった・・・(笑)




だんだんと、アウターを着れる機会が増えてきました。
でも、アウターだけではなく、インナーにも目を向けていきたいところですね!
寒いのは嫌だけれど、重ね着の楽しみも見いだせるので、そんなに冬も悪くないですね。


・・・なんてことはまるでない。

冬は嫌いです。



それでは皆様、よい金欠を!!



人気ブログランキングへ
ランキング参加してます。よろしければワンクリックを。

ドラゴンボール Scultures BIG 造形天下一武道会3 其ノ三 亀仙人 フィギュア おもちゃ プライズ バンプレスト -
ドラゴンボール Scultures BIG 造形天下一武道会3 其ノ三 亀仙人 フィギュア おもちゃ プライズ バンプレスト -
posted by ボン at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | Wear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

コスパで選びたがる日本人

こんにちは。

少し風邪気味の私です。
過ごしやすい季節ですが、朝と日中の寒暖差にやられることが多いのが辛い季節でもありますね。

さて、多くの方が15AW商品の入手に動き出している今日この頃ですが、私も手に入れました。
ようやくアウターを購入する欲が出てくる季節です。
冬準備を進めていかねばならない季節ですね。








IMG_20150927_105732.jpg
Honor gathering "UK WOOL BLANKET WASHER COAT"

オナーの15AW、手に入れました。

ようやく、まともなアウターを手に入れました(笑)
手持ちの冬用のコートといえば、一昔前に買ったわけの分からないコートだけでしたから、この冬一番必要なものゲットです!

生地はオナーにしては珍しく、厚手のブリティッシュウールを使ってます。
まるでブランケットのような柔らかさ。
そんな厚手のウール生地に洗い加工を掛けることで、手触りはとても良いです。
ウールにありがちなチクチク感がありません!

ボタンは比翼仕立てで、クラシックなオナーらしい佇まい。
シルエットはややスッキリしていて、生地が厚手であるにも関わらず、ボテッとならないのも好ポイントですかね。
カラーも、ダークネイビーとロイヤルブルーの二色展開ですが、私は鮮やかなブルーが際立つロイヤルブルーを選択。
ダークネイビーも良い色だったのですが、冬アウターにはあまり無い、鮮やかなブルーカラーも素敵よねってことでそれにしました。




IMG_20150927_105817.jpg
袖口は本切羽です。

ここは重要ですね。

そしてボタンはもちろん水牛ボタン。これもオナーなら当然のディテールです。




IMG_20150927_105840.jpg
そして、チェーンハンガー。

これもオナーのアウターなら、確実に入っているディテール。
表からは見えない部分ですが、こういう所まで抜かりないのも素晴らしいですね。


他にも裏にポケットが3つ付いているという、少し嬉しいディテールまで!(笑)
デザインだけでなく、実用性にも優れているコートなのです。



いやぁ、ようやく15AWを手に入れて、少し安心しているところです。
金欠ゆえに購入することが出来ないのではないかという恐怖もあったのですが、何とかゴリ押しで購入・・・!
やっぱり、まともなアウターは欲しいのです。

他にも欲しいアウターはあるのですが、一先ずは安心です。
軸となるようなアウターが存在しているだけで、心持が違います。
例えるならば投手王国。先発の軸がいれば、それだけで勝利を計算できるという考え方にも似ております。

値段もコートにしてはお手頃なんです。
少しオナーは値段が昔より上がってはいるようですが、それでもこのクオリティでその値段ならコスパが半端ないと言えるでしょう。
他のブランドじゃ、同じようなコートを作れば下手すりゃ10万超えてしまうか、またはクオリティを妥協して5万弱とかそんなことになると思います。

つくづく、素晴らしいブランドだな〜と痛感しております。


コートを手に入れた私。
それでも私の15AWはしばらく続きます。また報告致します。

それでは皆様、よい金欠を!!




人気ブログランキングへ
ランキング参加してます。よろしければワンクリックを。

牛乳屋さんのロイヤルミルクティー 260g -
牛乳屋さんのロイヤルミルクティー 260g -
posted by ボン at 00:15| 東京 ☀| Comment(4) | Wear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。